例えば・・・

 

  • 『額が大きい時は、請求書を何回かに分ければ良いんじゃないの!?』 と勘違いをされている。













  • 『許可が必要な規模の時は、○○さんの所をを一回通して・・・。』 と思っている。












  • 知らずに500万円以上の仕事を受けていた。』




 

 

 

 

建設業の許可は建設業を経営していく上で、今では必須の資格と言っても過言ではないでしょう。

それは元請け下請け関係なく、また細かな業種別にみてもほぼすべてに言えることと思います。

 

法令遵守・コンプライアンスがより一層求められる今、
可能な限り取得の方向で前向きにご検討されることをオススメします。

 

 

これは「1件の請負代金」としての額ですので、 請求書を何枚かに分けたりしても、

全体として1件の工事となる場合は、 建設業法に違反する場合があります。

 

建設業法に違反し、罰金刑に処せられた場合、
一定期間建設業の許可を受けることが出来なくなります(欠格要件)

 

特に建設業界は、お付き合いや信頼関係が非常に大切であり、
それによってこれまでの実績を積んでこられたことと思います。

 

しかし、今後はどれだけ厚い信頼関係があったとしても、
それだけで工事を受けることは難しくなってしまう可能性があります。

 

弊社にご相談にこられる方でも、やはり「元請けさんから許可をとってほしいと言われて・・」
という方は非常に多くなっております。

 

 

許可を取得するためには、許可要件を満たし細かな資料の準備が必須となりますが、
出来る限りのご提案・サポートをさせていただきますので、
どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

≪メール≫をご希望の方は、こちら